「カウアイの宝石」スペシャルサポーター

マナーハウス島津重富荘
総料理長 宮元伸一郎 氏

1963年 鹿児島県生まれ
鹿児島市内のホテルで修行後上京し、
ラ・ロシェルオーナーシェフ坂井宏行氏に師事。
1997年 34歳で独立、(シェ・ムサ開店)
2006年マナーハウス島津重富荘総料理長に就任。
その色彩感覚豊かなセンスは国内外の多くのファンを魅了している。

マナーハウス重富荘

マナーハウス重富荘

 

Supporter Comment

私の「カウアイの宝石」への第一印象は、「透き通っていい色だ!」ということでした。冷凍を、流水で解凍するわけですが、これが単なるバナメイではなかったんです。

非常に新鮮さを感じる。皮も非常に柔らかく、俗にいう「ヤワラ」ではなく、全てがしっかりした身でありながら、そのままいただける皮の柔らかさがありました。

また、ミソが豊富で且つコクがある。このミソには驚かされました。サイズも調理には大きからず小からずのちょうどよいサイズでした。

ハワイカウアイ島は、バナメイエビの故郷であるということも、初耳で驚きましたが、あの素晴らしい大自然の中で、ストレスなく育てられ、携わる方々の愛情に育まれているからこそ、この夢の海老は生まれたのでしょう。

今後が楽しみな一品です。